発生した口臭を消す方法と体質改善

口臭が発生するのは、朝起きた時と空腹時、緊張やストレス時です。

起床時のモーニングブレス
寝ている間は唾液の分泌量が少ないので、朝起きた時は口の中が非常に乾燥しており、口臭が発生します。

昼食前と夕食前
しばらく物を食べていないと唾液の分泌量が少なくなり、口の中が乾燥して口臭が発生しやすくなります。

緊張やストレス
緊張すると喉がカラカラに渇きませんか?
緊張やストレスで唾液の分泌量が少なくなり口臭が発生しやすくなります。

発生した口臭対策

簡単に消すには水を飲むこと。
お茶でもいいですが、コーヒーはダメです。

細菌が胃酸に届くと死ぬので、口の中の細菌を流して胃酸で退治します。

口臭が発生しやすい体質を作る原因は・・・「軟らかい食べ物!

噛むことによって唾液は分泌されますが、軟らかい食べ物は噛む回数が極端に少なく、そのまま飲み込んでしまうので唾液の分泌が少なくなってしまいます。

オススメの食べ方

・回数をカウントしながら、1口30回噛んで食べることで、唾液を分泌させる。

・食べ物の中によく噛まないと飲み込めないようなアーモンドやナッツなどを入れて食べ方を工夫することで、唾液を分泌させる。
タグ:口臭予防
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。