口臭予防でアンチエイジング効果

日本アンチエイジング歯科学会常任理事の宝田恭子さんが、お口ケアのエキスパートとして、
先日テレビに出演されました。
1月10日放送の「教科書にのせたい!SP」です。

口臭予防することで、アンチエイジングの効果も期待できるとのことで、口臭予防の方法やエクササイズを実演していらっしゃいました。

宝田恭子さんは55歳となられ、2歳のお孫さんがいらっしゃるおばあさまです。
番組に出ていたゲストの方も30歳代に見えると言ってましたが、シワもなくスタイルも抜群で
今回もテレビに映る宝田恭子さんにうっとり見とれてしまいました。

口臭予防のポイント…「口の中が潤っていること!

口の中が乾燥していると細菌が繁殖して口臭が発生しますので、 唾液で口の中を潤し細菌を殺すことで口臭予防になります。

そのためにすることは・・・首の横をさするだけ!

普段口の中が乾燥したり、のどが渇いたなって感じたら、お水などの水分で渇きを癒すと思いますが、お水を飲むのでなく、
首をさすって刺激をして唾液を出す。
そうすると、口の中が唾液で潤い口臭をおさえられます。

やり方は、両手で耳元の辺りからアゴ下に向かってさすります。

※唾液は20歳の時に1日約1.5リットル出ると言われていますが、 年齢を重ねるとともに唾液の量が少なくなり口の中が乾きやすくなります。
首の横には唾液腺があり、そこをさすって唾液腺を刺激することで機能の退化を防ぎます。

唾液には活性酸素を除去し老化を抑える効果があるので、若返りにもつながるという訳です。

渇きを感じたら、即、耳からアゴにかけてさすりましょう!!



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。