宝田恭子さんのペットボトルで頬の筋力を鍛えるレッスン

ペットボトルトレーニングで小顔エクササイズをしましょう。

実際に宝田恭子さんが指導されている、頬の筋力を鍛えるレッスンです。

頬やフェイスラインは脂肪があるので、重力や大気圧に負けてしまってたるみやすいです。
頬の筋力だけで、ペットボトルの中の空気を吸い上げる、というのがトレーニング方法です。

1リットルの空のペットボトルを用意します。
@ホーと言って息を吐ききり、歯を使わないでくわえる。
A肛門を閉めてから息を吸い込む。
B肛門を緩めて息を吐き返す。
小休止をしながら3回行う。
頬の筋肉を意識して行うこと。

重力は24時間かかり続けているので、毎日3回行う。

テレビ番組のひみつのアラシちゃんでは肛門を閉めるというところで盛り上がってましたが、
先生がおっしゃっられたとおり、肛門を閉めて息を吸い込むとしっかり頬が突っ張るのが感じられます。

この力が頬を引き締めてくれるんですね。
息を吸い込んだ後、ほっぺたをふくらませて息を吐き出すと、
ホウレイ線の予防にもいいそうですから、
おもいっきり頬をふくらませてやってます。

実際にやってみても、一日3回くらいなら、しんどくもないし簡単です。
続けたら、宝田先生のようにシワ、シミ、たるみのない美しい肌になれそうで、
頑張って続けられそうです。

宝田恭子さんは、ペットボトルトレーニングの他にも、歯ぐきのツボマッサージや変な顔エクササイズなどを教えてくださいますので、ホームページ要チェックです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。